われに還る熊野
The Reflexive Kumano

時間を切り売りして得たマネーの力で、物事を手に入れる都会のライフスタイルを捨て、
「自給」を基本に「信頼」と「互恵」に基づく生活へと転換することで、等身大の自分を取り戻したいと考え
私たちは東京や大阪から紀伊半島の奥深く、世界遺産の地 熊野へと移り住みました。
地場産品を加工する作業所を運営し、自らも畑を耕しながら
日常の暮らしの中で感じたこと、熊野の四季折々の姿を記します。

| ショップに戻る | お勧め | エントリー | コメント | トラックバック | カテゴリー | アーカイブ | リンク | プロフィール | カレンダー |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
串本・大島の生産者を訪問しました。
試作品を作ったり、仕様書や提案書を作成したり
イベントやらも重なって更新が遅くなりました。(いいわけ)



11月13日・・・ (何日経ったのか…) |||||| ○| ̄|_
本州最南端、串本の大島にある「大串鯛 ひらまる」さんを訪問しました。
先に申し上げておきますが、決して魚を食べに遊びに行ったのではありませんです。
紀州・熊野の魅力を都心部の方々にご紹介していくのに
業種を越えて、いろんな方たちと一緒に取組みができないか打ち合わせに行ったのです。

目の前は、こーんなにきれいな海が広がっています。

大島の海

しゃちょうが申しますに
「2年ぶり。」とのことでございます〜。
同じ和歌山と言っても、なっかなか広くて
お会いしたくても機会がないと思うように本当に会えないものです。


大島の海に立つしゃちょう                 海に立つしゃちょう。(サービスカット?)


さて、
ひらまるさんは主に真鯛の養殖と干物作りを大島でされていて、
なんと!その‘真鯛’で、すばらしい干物を作られているのです。

目の前の串本の海で獲れた季節の地魚の干物もありま〜す魚
詳しくはコチラ


真鯛がいっぱい        選別のために真鯛をいけす?を小さく区切って集めます。
        通常はもっと広くて、びゅんびゅん泳ぎ回っています。


真鯛を寄せてサイズの良いものをすくい上げます。            ちょうど良いサイズのものを1尾ずつ数えながらすくい取ります。
            目で見て判断して「これっ」というヤツに狙いを定めるのですが、
            ほぼ同じ重さのものが揃えられるそうです。スゴイっ!



とびうおの燻製       燻製もあります。これは30cm近いとトビウオ。
       しっかりとしたスモークに、じわ〜っと脂がのっててめちゃうまっラブ


よろりの刺身〜♪       ヨロリのお刺身。外見は真っ黒けの深海魚なのだそうです。
       地元の魚で、せっかくだからとお刺身にしてくださいました。
       あっさりとしているのにもちもち〜っとして、でも脂もあって初めてのあじわい♪
       これを酢と麦味噌と青唐辛子でいただくんですよー(あ〜思い出してきたっ)

    
いかりんぐっ       まかない用に作ってあったといういかりんぐ〜ぴかぴか


はい。
きれいな海を前に、ごはんまで炊いていただいてごちそうになってしまいました。
おいし〜ぃっ!
   

1頭ずつ手彫りで作ったイルカは全部で1700頭!        魚に塩をして、なじむまでの時間に手彫りのイルカを彫られています。
       1頭ずつは10cmより小さいぐらいですが、時間を重ねていまや1700頭!
       その迫力は実物でないと伝わらないです。いろんなイベントにも貸し出されるぐらい。


で、
いただいてしまいました。

おみやげの鯛       おみやげに鯛。


でかいですっ       でかっ。


真鯛のお刺身♪       その晩はお刺身でーす。


ちなみに、
翌日もお刺身で
その次の日はごぼうとアラ炊きに
そして〆は鯛めしでいただきました〜。
(業務連絡:ごめんなさいっ。しゃちょうと半分ずつ分けました。
 それ以上には私の腕では分けられませんでしたひやひや

あんまりおいしくて食べるのに夢中で写真撮るの忘れましたたらーっ



手描きの絵のある名刺       ひらまるさんの名刺には手描きの魚の絵が印刷されています。
       キレイですアート


目の前の海で自分で育てた真鯛や地で獲れた魚を塩だけで干物に。
真冬でも氷水を使って加工し、魚の鮮度を保ちます。

新鮮で、そのままでもおいしい魚を干物にする。
手間隙かけた分、生よりおいしくならないと意味がない。

「干物って、ぼそっとしてあんまりおいしくないしなぁ。」

とお感じの、スーパーで安い干物を買っていらっしゃるあなた!
安い輸入や冷凍の魚を調味液に漬けて乾燥機で干したものとは違います。

ぷっくり、じゅわ〜っ
ほこっと身のほぐれるおいしい干物、いかがですか。
食べたいっと思ったらコチラ→http://www.hiramaru.com/
もっと知りたい!情報満載ひらまるさんのお魚ブログはコチラ→http://blog.murablo.jp/ookushitai/




                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 共にがんばる仲間たち | comments(3) | - | posted by 亀岡 佳奈
スポンサーサイト
                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








久々の社長の後姿シリーズ…。

段々、顔が横顔になりつつあるのは、わざと?

来年1月に串本へ行きます!Y水産のおてんばM本社長をお連れして(笑)。
あぁ、最近熊野に行ってないなぁ…。行かなきゃなぁ…。



posted by イケ | 2008/12/08 4:24 PM |
そういえば、うちのウナギ、串本に近い古座川で獲れたシラスを育ててるんですよ。そろそろシラス漁が始まっていると思うのですが、どんな感じなんでしょう?
今度伺った時、夜に古座川河口付近に寄ってみません?
漁師のおっちゃんが1匹ずつ掬ってるかもょ。

注…勝手に獲ったら罰せられますからご注意を(笑)
posted by イケ | 2008/12/08 4:28 PM |
イケさん
いつもありがとうございまーす。
しゃちょう、なんだか丸くなってません?
串本は暖かくていいところですよ〜。
古座川にはすごく有名なうなぎ屋さんがあるから、きっといいうなぎが獲れるのでしょうねー。
また熊野にもお越しくださいませ。











posted by kameoka. | 2008/12/11 1:56 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>