われに還る熊野
The Reflexive Kumano

時間を切り売りして得たマネーの力で、物事を手に入れる都会のライフスタイルを捨て、
「自給」を基本に「信頼」と「互恵」に基づく生活へと転換することで、等身大の自分を取り戻したいと考え
私たちは東京や大阪から紀伊半島の奥深く、世界遺産の地 熊野へと移り住みました。
地場産品を加工する作業所を運営し、自らも畑を耕しながら
日常の暮らしの中で感じたこと、熊野の四季折々の姿を記します。

| ショップに戻る | お勧め | エントリー | コメント | トラックバック | カテゴリー | アーカイブ | リンク | プロフィール | カレンダー |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
こうやって作ってます〜熊野本宮 釜餅(古代米)続き〜
先日の古代米釜餅‘搗き’編に引き続き、
‘握る’編をお届けします。

釜餅は、もちにあんを包んで成形することを
「もちをにぎる」と言います。


握る前の準備は万端
準備を整えます。
手前から、もち・あんと量り・もち・あんと量り、です。

2人ずつ向き合って作業します。


釜餅は1個1個手包みしています。
1個1個、手作業で丁寧に包んでいきます。
これが釜餅特有の食感を生み出すヒミツ。


握るときの配置
にぎるときは‘もち切りさん’が1人で
決まった大きさにもちを切っていき、
残りの3人があんを包んで仕上げます。


もち切りさんが切っていきます
もち切りさんが
切ったもちをぽいぽいっと
冷めないように、まだ熱々のもちの上に分けて置いていきます。


あんを包みます
それを取ってあんを包みます。


量ります
ちゃんと同じ重さになるように量ります。

だいたい1回か2回量れば、ばしっとグラムが合います。
すごいですねー。
念のために量ってるようなもんです。


きびしいチェック
工場長が厳しく見てます。


たまちゃんもにぎります
熊野鼓動の最高齢、たまちゃんもにぎります。
んー、83?4かな。
まだまだ釜餅レディース現役ばりばりです。
とーっても元気で、野菜作りの名人。
わけてくれる野菜、いつも助かってます食事


小柄なたまちゃん(工場長のフォント変えてみました)
たまちゃんはちっちゃくてかわいいおばあちゃんです。
でもめちゃ元気です。


タカハシさん                   彼女が一番若手さんです。美人なんですよ〜。
                   素顔が公開できないのが残念です〜イヒヒ
                   その年の差約・・・4まわり?!
                   幅ひろーい年齢層で仕事ができるのもいいです。


搗き上がり
そうこうしているうちにどんどんでき上がってきました。


急速凍結庫に入れます
すぐに急速冷凍しておいしさを閉じ込めます。
家庭用の冷凍庫とは違って、もっと早くしっかり凍ります。



古代米の釜餅。中はあんこ職人の自家製つぶあんです
中には北海道産あずきとビート糖で作った自家製つぶあん。
古代米のもちもちつぶつぶ感がたまらな〜いてれちゃう

熊野本宮 古代米の釜餅。
こちらもぜひどうぞ。




                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 加工部の製造日記 | comments(1) | - | posted by 亀岡 佳奈
スポンサーサイト
                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








炊き上がったばかりの古代米もちを切り分けるときは、すんごく熱いです。
薄い手袋だけだから、手のひらは真っ赤になります。
でも、熱いうちだから、きれいに握れるのです。

「工場長」のフォントだけ、怖そうなフォントにしないように。
まるで、いつも怒っているみたいじゃないですか。
たまには、怒るけど。
posted by 工場長 | 2009/02/03 5:35 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>