われに還る熊野
The Reflexive Kumano

時間を切り売りして得たマネーの力で、物事を手に入れる都会のライフスタイルを捨て、
「自給」を基本に「信頼」と「互恵」に基づく生活へと転換することで、等身大の自分を取り戻したいと考え
私たちは東京や大阪から紀伊半島の奥深く、世界遺産の地 熊野へと移り住みました。
地場産品を加工する作業所を運営し、自らも畑を耕しながら
日常の暮らしの中で感じたこと、熊野の四季折々の姿を記します。

| ショップに戻る | お勧め | エントリー | コメント | トラックバック | カテゴリー | アーカイブ | リンク | プロフィール | カレンダー |
熊野の大銀杏








田辺から熊野に至る熊野古道、中辺路に大きな銀杏の木がある。この季節になると美しい黄色にその姿を変える。国道からでも望めるその大樹は夜にはライトアップされている。遠くから見ても美しいのだが、近くによるとその生命力に圧倒される。ひとつの天体、宇宙がそこに広がっているような感覚になる。銀杏は生きた化石とも言われるくらい長い間この地球上に存在し続けてきた生物だ。人間のあらゆる歴史を見つめてきたことだろう。何と壮大な時間の流れ・・・小さな悩みなんかつまらないことのように思えてくる。じっとこの銀杏の木に見つめられているような気がする。

                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 熊野古道ガイド | comments(0) | trackbacks(0) | posted by
スポンサーサイト
                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kumano-kodou.jugem.jp/trackback/34
<< NEW | TOP | OLD>>