われに還る熊野

時間を切り売りして得たマネーの力で、物事を手に入れる都会のライフスタイルを捨て、
「自給」を基本に「信頼」と「互恵」に基づく生活へと転換することで、等身大の自分を取り戻したいと考え
私たちは東京や大阪から紀伊半島の奥深く、世界遺産の地 熊野へと移り住みました。
地場産品を加工する作業所を運営し、自らも畑を耕しながら
日常の暮らしの中で感じたこと、熊野の四季折々の姿を記します。

| ショップに戻る | お勧め | エントリー | コメント | トラックバック | カテゴリー | アーカイブ | リンク | プロフィール | カレンダー |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
雑誌で紹介されました!今度は熊野番茶。
おされでイマドキ、
幅広い年齢層に指示されている男性向け情報誌、

 BURUTUS表紙

6月14日発売号はお茶特集。
そこで熊野鼓動の「熊野番茶」が紹介されました!


1ヶ月ほど前、
突然に出版社のご担当という方からお電話で

「お茶の特集をするのですが、ある料理研究家の先生が直々に
 ぜひ熊野番茶を紹介したいとおっしゃって。」


「えええっっ?!ご指名ですか!!!」 


いったいどこで買ってくださってたのかなぁ。


ちなみに東京では紀ノ国屋国立店さまでお求めいただけます。
もちろん直送も致します




さてさて、いよいよ発売日。
なんと、この号の「BRUTUS」はまるまる一冊お茶特集。
有名茶師はでるわ、ソムリエはでるわ、
えーー!こんなすごい特集に載せていただいて良いのですか 


詳しい中身はこちら→http://magazineworld.jp/brutus/665/



錚々たる顔ぶれと紹介記事の後に
こんなページもあったり。



お茶ガイド
おー、トップにも載ってます。(下の段の左から2番目!)




熊野番茶紹介ページ
評判の日本茶と紅茶が並んだページとか。




熊野番茶紹介記事


お茶に詳しい方々の試飲会での様子のページで
熊野番茶は、

「とっても飲みやすくて、茶葉がお料理に使ってみたくなる程おいしい
「渋みと緑茶の味わいを残しつつ、ごくごく飲める感じ。」
「中国茶のような複雑な味わい。」

とのことでーす


お茶の解説あり、淹れ方あり、試飲対談あり、
うんちくもまだまだいっぱい。
男性に限らず、女性も楽しめるきれいな雑誌です。




この熊野番茶は、熊野本宮の山間で
御歳 80ぅぅ・・・確か2の倉谷さんご夫婦が
心をこめて栽培し、加工まで一切を手がけて作られています。


来週には二番茶の収穫です。


ご高齢の倉谷さんに負けじと
熊野鼓動のスタッフも総出で収穫と釜炒りのお手伝いにいきますが
暑い〜、重い〜、炎天下の作業はハンパないです!



お茶農家が昔ながらの方法で、
一番おいしいときの一番おいしい部分を
自家用にお茶にしたとっておきの釜炒り茶。

飲んでみてわかる、この魅力


ぜひぜひお試しください。
ご注文はこちらから→http://www.kumano-kodou.net/index.html





                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 熊野鼓動からのお知らせ | comments(0) | - | posted by 亀岡 佳奈
スポンサーサイト
                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>