われに還る熊野
The Reflexive Kumano

時間を切り売りして得たマネーの力で、物事を手に入れる都会のライフスタイルを捨て、
「自給」を基本に「信頼」と「互恵」に基づく生活へと転換することで、等身大の自分を取り戻したいと考え
私たちは東京や大阪から紀伊半島の奥深く、世界遺産の地 熊野へと移り住みました。
地場産品を加工する作業所を運営し、自らも畑を耕しながら
日常の暮らしの中で感じたこと、熊野の四季折々の姿を記します。

| ショップに戻る | お勧め | エントリー | コメント | トラックバック | カテゴリー | アーカイブ | リンク | プロフィール | カレンダー |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
天然鮎、支流でも網漁解禁しました☆
「 え?鮎漁の解禁って6月1日違うの???」


と、思われる方も多いでしょう。


熊野では、
熊野川本流の鮎釣りが6月1日に解禁となり、
本流の網漁、
本流の仕掛け漁、
支流の釣り、
支流の網漁、
そして最後に支流の仕掛け漁と、
川の大きさ、漁獲する量などから、解禁の日が決められています。



さて、
9月1日は、いよいよ支流での鮎網漁解禁日!


7月8月は続く雨のため川の水量も多くにごっていたため
獲れる鮎の漁もわずかでした。


というか、漁すらできず・・・


「鮎味噌」に使う天然鮎の漁もこれからがいよいよ本番です。

鮎を届けてくれるのは、地元のお父さんの峯さん(60ぅぅ〜ゥン歳)。
自ら鮎を獲り、
それを夏場でも、じ〜っくり丸1日間かけて遠火で炙り、
‘炙り鮎’にしてくださいます。


も〜っ、この‘炙り鮎’、
「味噌に入れちゃうなんてもったいない〜っ!!」という程の
天然鮎にしか出せない野性味あふれる香りと、おいしさなのです。




そして第1日目、



天然鮎
じゃじゃ〜ん ( v ̄▽ ̄) ♪
(獲ったのは峯さん。)



峯さんも笑顔の大漁です。
形も立派☆



鮎網1
狙って〜





鮎網3
うりゃっ!




鮎網2
鮎を囲い込みます。




峯さんの腰にはアイスボックス。
中には1,5kgの氷。 (重っ!)


獲った鮎は通常、カゴやバケツに入れておくのが主ですが
峯さんは違う!



「鮎は鮮度が命ゃさか!
 氷ぃ入れとかな、すぐぃ色ぉ悪なるさかいの。
 あがなぃ、カゴやら入れて下げとったらすぐわりなってしまうゎ!」



・・・・ニュアンスでお読み取りください。
活字にするのにも限界が・・・il||li _| ̄|○ il||li 




そう!
その細かいところまで気を使い
何日もかけて作ってくださる‘炙り鮎’は、

炙り天然鮎
生きているようにぴかぴかです( v ̄▽ ̄) ♪
(作ったのは峯さん。)



この‘炙り鮎’をつかった熊野鼓動の「鮎味噌」
甘辛〜い味噌に‘炙り鮎’の旨さがたまりませんぜ〜。



「鮎味噌」も天然鮎の獲れる限りの限定製造。
このところ、鮎の量も減っていると聞きます。

ぜひ、今のうちにお召し上がりくださいね!ね!(2回言った。)






「鮎味噌」って何?!という鼓動初心者の方は
コチラ→










                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 共にがんばる仲間たち | comments(2) | - | posted by 亀岡 佳奈
スポンサーサイト
                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








秋の鮎は美味しいですね。炙り鮎もおいしそうです。

投網は体験したことがありますが、とっても難しくて、コツをつかむまで何度も練習した記憶があります。

・・・今やれと言われても無理ですな(笑)
posted by イケ | 2009/09/22 1:07 PM |
うまく投げるだけでも難しいそうですね。

網ももっぱらインテリア ( v ̄▽ ̄) ♪
(だってかっこいいから〜)

養殖鮎と天然鮎の味の差はよくご存知名とおりですが
同じ天然鮎でも、どうやって獲ったかで、さらにぜーんぜん味が違うのを知りましたぁぁっ!
網で獲る天然鮎はも〜うまうまですっ♪

こんなにおいしい鮎を分けていただいてるなんてありがたいですねぇ。
posted by kameoka. | 2009/09/28 11:47 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>