われに還る熊野
The Reflexive Kumano

時間を切り売りして得たマネーの力で、物事を手に入れる都会のライフスタイルを捨て、
「自給」を基本に「信頼」と「互恵」に基づく生活へと転換することで、等身大の自分を取り戻したいと考え
私たちは東京や大阪から紀伊半島の奥深く、世界遺産の地 熊野へと移り住みました。
地場産品を加工する作業所を運営し、自らも畑を耕しながら
日常の暮らしの中で感じたこと、熊野の四季折々の姿を記します。

| ショップに戻る | お勧め | エントリー | コメント | トラックバック | カテゴリー | アーカイブ | リンク | プロフィール | カレンダー |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
熊野梅の天日干し。
 熊野梅の天日干し


この季節は熊野梅も天日干し。


良いお天気が続くと、
工場内はすっぱ〜い、
1日中ごはんが食べたくなるいい香りが漂っています。


無農薬で大きさ無選別。
品種も南高、白加賀系を中心にいろいろあります。
地元産の昔ながらの梅。


この後、品質を選別し、しそ漬け。
そしてじっくり漬け込んだ後、もう一度選別してパック詰めされます。


あ〜、ごはんが食べたーい“o(><)o”





でも、
このごろは梅干を食べる若い世代の人たちが減ってきて、
食べても脱塩調味梅(‘塩分控えめ’とか、‘かつお梅’‘はちみつ梅’とかね。)なので
梅干がそれほどまで‘酸っぱい’とインプットされておらず、
イマドキの人たちは梅干見てもつばがでないんだってー!


ということは、こんなにがっつりごはんが食べたくなるワタクシは
すっかりイマドキの人ではない・・・・?  




ちなみに脱塩調味梅とは、塩分20%の昔ながらの白干梅を
水に漬けて塩分を抜いた後、調味液に漬けて味付けしたもの。

市販の塩分18%以下のものは
ほぼこれと言って間違いないでしょう。


脱塩調味梅は本当にいろいろいろいろあるので
裏の原料の表示ラベルをご覧いただくとおもしろいかと。



熊野鼓動の熊野梅、
原料:梅・塩・赤しそ
以上。



もちろん古くから言い伝えられてきた梅干の効用も
しっかりとのまま詰まってます。



                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 加工部の製造日記 | comments(0) | - | posted by 亀岡 佳奈
スポンサーサイト
                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>