われに還る熊野
The Reflexive Kumano

時間を切り売りして得たマネーの力で、物事を手に入れる都会のライフスタイルを捨て、
「自給」を基本に「信頼」と「互恵」に基づく生活へと転換することで、等身大の自分を取り戻したいと考え
私たちは東京や大阪から紀伊半島の奥深く、世界遺産の地 熊野へと移り住みました。
地場産品を加工する作業所を運営し、自らも畑を耕しながら
日常の暮らしの中で感じたこと、熊野の四季折々の姿を記します。

| ショップに戻る | お勧め | エントリー | コメント | トラックバック | カテゴリー | アーカイブ | リンク | プロフィール | カレンダー |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会
 こだま祭りのページで紹介しました、
「ミツバチの羽音と地球の回転」というドキュメンタリー映画の自主上映会を
12月5日に世界遺産センター熊野本宮館で、昼と夜の2回、開催しました。
映画のチケットの販売
これは、こだま祭りのときの紹介風景です。

この上映会は、12月2日から5日まで、
和歌山市、かつらぎ町、田辺市、本宮で行なわれた、4箇所連続上映の締めくくりを飾るものです。

どの会場も、地域の有志たちによる手作りの運営で、
会場の確保、上映会の内容、チケットの販売などに
知恵や汗(冷や汗?)を出しあい、
工場長もメンバーの一人として、司会進行などの役目を引き受けました。

お客さんも町内だけでなく、方々から120名くらい来て頂きました。
また、上映会は映画を見るだけでなく、
監督の鎌仲ひとみさんのトーク・ディスカッション・夜中までの交流会と多いに盛り上がりました。
特に、「なぜ、この映画を撮ったのか」という鎌仲さんのトークや
会場全体でのディスカッションは、非常に熱のこもった有意義なものとなり、
タイムキーパーをかねる司会役としては、
このまま話し合いたいという欲求と、
会の進行を円滑にしなければいけないという責任に板ばさみになりました。

途中から来た人や、最後まで居れなかった人は、絶対に損をしたと思います。
映画自体は、また見る機会もありますけれど、
その場で消えてしまう言葉の方が、価値の高いものですからね。

上映会の印象を、鎌仲さんがTwitterでつぶやかれているので一部を抜粋してみます。

「南紀白浜空港から和歌山に移動してきたなう。じゃんじゃん横丁の喫茶もくれんのコーヒーは素晴らしくおいしい。今回の「ミツバチ〜」の連続上映会は初めて和歌山がつながった記念すべき会だと・・。つながれネットワーク!」

「地域再生は地道な試み、地域育ては人育てからだと、じゃんじゃん横丁の仕掛け人、語る。」

「じゃんじゃん横丁カフェもくれんなう。かつらぎの上映会も良かった。和歌山がネットワークでつながっていく手ごたえ。ぽむぽむ注文した〜」

「じゃんじゃん横丁は和歌山の奇跡。昭和レトロの建物を再生させて地域おこしの拠点になっている。すごいいい雰囲気です。 ものすごくチャームがあるので何度でも来たいなあ〜」

「田辺なう。いい天気。二回目の上映会が進行中。一回目は真砂市長も観てくれました。なによりも祝島へのカンパを呼びかけたら、竹で作ったカンパ箱に万札が何枚も・・すごいなあ。共感力高い田辺の人々・・・和歌山3ヶ所目。明日は本宮で。」

「和歌山連続上映会、最終日、熊野本宮なう。四ヶ所の上映会どれも素晴らしかった。和歌山の底力、意識の高さはただものではない。アンケート回収率82%スウェーデンの投票率なみだから和歌山は日本のスウェーデンだという意見も。」

「アンケートの回収率だけではなく中身もすごい。こんなにも自分の言葉で多様な意見が書かれたアンケートの多さは初めて。日本中から熊野本宮に向けて1000キロの道を人々は歩いてきて、熊野大社は皇族も障害者も女も全て同じく受け入れた、その文化が生きているのかな〜〜」

「てみやげに渡された熊野鼓動のしそサイダー、しみじみ身体にしみる味。地元の食材をおしゃれなパッケージで、いい仕事をしているなあ!!」

しそサイダーのくだりなんか、とっても嬉しいじゃないですか!

各会場のメンバーとも、
この上映会で終わりにするのでなく、
このエネルギーを、「持続的な循環型の社会つくりに向けていこう!」という気持ちがあります。
気持ちを、形につなげていくことが、
日頃物づくりをしている工場長の役割なんだろうな。


                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 山村の地域おこし | comments(0) | - | posted by 安原 克彦
スポンサーサイト
                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>