われに還る熊野
The Reflexive Kumano

時間を切り売りして得たマネーの力で、物事を手に入れる都会のライフスタイルを捨て、
「自給」を基本に「信頼」と「互恵」に基づく生活へと転換することで、等身大の自分を取り戻したいと考え
私たちは東京や大阪から紀伊半島の奥深く、世界遺産の地 熊野へと移り住みました。
地場産品を加工する作業所を運営し、自らも畑を耕しながら
日常の暮らしの中で感じたこと、熊野の四季折々の姿を記します。

| ショップに戻る | お勧め | エントリー | コメント | トラックバック | カテゴリー | アーカイブ | リンク | プロフィール | カレンダー |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
小辺路10。 15:15
101223_151422.jpg
到着〜。

八木尾です。


この十津川からのルートは
西国三十三観音さまが見守ってくださり
本宮に向かって33番から1番の
それぞれのお寺の名前が彫られた
観音さまをたどるように進みます。


1番は那智山と彫られています。
たしか2番は紀三井寺
3番は粉川寺。


和歌山県の中辺路にあるような
「王子」はありません。



がーっと登って
膝がくがくの延々下りでしたが

よかった。


よかったですよ〜。
整備のされかたといい
雰囲気といい
いかにも古の熊野古道。

奈良県のセンスの良さとか
心使いとか

力の入れ具合がすばらしかったです。
                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 熊野古道ガイド | comments(0) | - | posted by 亀岡 佳奈
スポンサーサイト
                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>