われに還る熊野

時間を切り売りして得たマネーの力で、物事を手に入れる都会のライフスタイルを捨て、
「自給」を基本に「信頼」と「互恵」に基づく生活へと転換することで、等身大の自分を取り戻したいと考え
私たちは東京や大阪から紀伊半島の奥深く、世界遺産の地 熊野へと移り住みました。
地場産品を加工する作業所を運営し、自らも畑を耕しながら
日常の暮らしの中で感じたこと、熊野の四季折々の姿を記します。

| ショップに戻る | お勧め | エントリー | コメント | トラックバック | カテゴリー | アーカイブ | リンク | プロフィール | カレンダー |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
物流拠点を設置しました。


昨日までに電気、水道、固定電話が復旧したので何とか製造が再開できる見通しが立ちました。
しかしながら熊野鼓動のある本宮町と各地を結ぶ国道が全て寸断されているため、原材料や資材を受けたり、ご注文いただいた商品を発送したりすることが出来ない状態です。

そんなとき、台風の影響を心配してくださっていた懇意にしている生産者にご相談したところ、今はオフシーズンということで稼動が少ない高菜漬けの倉庫兼事務所をお借りすることができました。
本当に感謝です。
この出会いがなければ、このような災害の真っ只中にいながらこんなにスムーズに仕事の再開が出来なかったと思います。道路の復旧あ長期化するような感じなので、どうしようか途方にくれるところでした。(熊野に来てから人の出会いの不思議さを本当に痛感します。)

諦めるのは簡単だけど、真の復旧には経済を回し続けることが何よりも大切だと思います。
ここを拠点に商品の発送と原料・資材の荷受を行い、ここと工場との間は自力の物流で何とか繋いでいこうと思います。
ただ、迂回路は大変な山道のためいつ崩れるかも知れず、雨天の日は通行止めになるようですので、何事も早め早めに決断、行動することが求められそうです。

熊野の里株式会社 鮎川工場内 熊野鼓動臨時デポ
和歌山県田辺市鮎川608−18


迂回路の進入の時間待ちをする、熊野鼓動のヤタガラス号。





迂回路の様子。
                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | comments(1) | - | posted by 横瀬 恒人
スポンサーサイト
                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








大変な災害でしたですね。
写真でそのすさまじさがわかります。
テレビでもよく報道されてましたが
みなさん大丈夫かと心配してました。
なんとかライフラインが復活したとのことで
まずはほっとしてます。
完全に復旧するまで時間がかかるかもしれませんが
力を合わせてがんばってください。
posted by 高槻しいたけセンター渡辺 | 2011/09/11 5:09 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>