われに還る熊野
The Reflexive Kumano

時間を切り売りして得たマネーの力で、物事を手に入れる都会のライフスタイルを捨て、
「自給」を基本に「信頼」と「互恵」に基づく生活へと転換することで、等身大の自分を取り戻したいと考え
私たちは東京や大阪から紀伊半島の奥深く、世界遺産の地 熊野へと移り住みました。
地場産品を加工する作業所を運営し、自らも畑を耕しながら
日常の暮らしの中で感じたこと、熊野の四季折々の姿を記します。

| ショップに戻る | お勧め | エントリー | コメント | トラックバック | カテゴリー | アーカイブ | リンク | プロフィール | カレンダー |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
工場の社会科見学


少し前になりますが、
6月22日に本宮小学校と三里小学校の3年生の合同社会科見学に来てくれました。
去年に引き続き、今年で3回目です。



ちょうど、その日は地元のしそを原料とする「しそレモン140ml」の製造日でした。
2校あわせて23名に、しそレモンの充填を見学してもらい、
いろいろな質面にも、できるだけわかりやすく答えました。

思い起こせば、大阪で小学生をしていた40年近く前に社会科見学に行った記憶があります。
たぶんキャラメルか飴玉を作っている大きな工場で、飴の塊が機械で練られていたのを見ました。
大工場だったので、機械が動いている記憶はありますが、
人が動いている記憶はありません。

熊野鼓動の小さな工場では、
機械以上に人が動いているのですが、
子供たちの記憶の中に、人が動いている記憶として残るのでしょうかね?

数日後、お礼と感想文が届きました。
質問の答えに対する感想もあり、ほのぼのと読みました。
お土産にあげたしそレモンは本当に嬉しかったみたいです。
こんなキャッチボールもいいですね。

昔の社会科見学では、感想文を送った記憶がありません。
100人規模の感想文を送られても、読む方も大変でしょうしね。

田舎の小さな学校と、小さな工場だからできることかもしてません。

                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 加工部の製造日記 | comments(0) | - | posted by 安原 克彦
スポンサーサイト
                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>