われに還る熊野
The Reflexive Kumano

時間を切り売りして得たマネーの力で、物事を手に入れる都会のライフスタイルを捨て、
「自給」を基本に「信頼」と「互恵」に基づく生活へと転換することで、等身大の自分を取り戻したいと考え
私たちは東京や大阪から紀伊半島の奥深く、世界遺産の地 熊野へと移り住みました。
地場産品を加工する作業所を運営し、自らも畑を耕しながら
日常の暮らしの中で感じたこと、熊野の四季折々の姿を記します。

| ショップに戻る | お勧め | エントリー | コメント | トラックバック | カテゴリー | アーカイブ | リンク | プロフィール | カレンダー |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
七草。
 七草
七草ですね。


はこべ、ほとけのざ、せり、なずな    ゲットォォォォっ (o゜◇゜)ノ


何もないように見えても育ってるものなのですね。


ホトケノザって小さいと
オオイヌノフグリ(すごいネーミングだわっ (〃ノωノ)キャッ)に似てっぽそうだけど
良しなのかしら。
良しよっ。良し良し。


ゴギョウゴギョウゴギョウ。
多分これっぽいけど花がないからわかれへん
・・・のでやめとこう。


すずなとすずしろは家にあるので、
6つ揃ったからまぁいいか。 

あとは青梗菜かなんかで。   (ってちゃうやろっ。(* ̄m ̄)ノ彡_☆ばんばん!)



ツッこみどころ満載の七草ですが、
郵便局にお使いに行ったきり戻って来ないと思ったら
こんなところで寄り道してました〜。ごめんなさい〜。



自分で七草を探したのも初めてですが
何もなさそーに見えるところから
こんなにすぐこれだけ見つかったのにはびっくり!

ビバ田舎暮らしっ \(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/ 



れんげ
片隅でレンゲの咲いてるのを見つけました〜。





おかゆには熊野梅をお忘れなく。








                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 熊野での田舎暮らし | comments(0) | - | posted by 亀岡 佳奈
桃栗3年、柿8年、ゆずの大バカ18年
柚子の木

会社の敷地内にある柚子の木が一杯実をつけた。

柚子は種から育てると実がなるまでにとても時間がかかることを、昔から「桃栗3年、柿8年、ゆずの大バカ18年」と言ったらしいが、この柚子は苗からだったので昨年、7年目で初めて少しだけ実をつけた。
この苗を買ってきて敷地内に植えたとき、「実がなるまで、この会社は続いているのか」と自問したことを思い出すと感慨深い。

9年前にスタートしてから熊野鼓動はグングン成長したという感じではなく、たびたび危なっかしいことに見舞われながらも、この柚子の木のように少しずつ少しずつ成長してきたように思う。これからも自分たちに合ったペースを守りながら進んで行きたいと思う。

                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 熊野での田舎暮らし | comments(0) | - | posted by 横瀬 恒人
川との対話を深め、熊野らしさを取り戻す。
先日一篇の詩と出会いました。



川の音楽に  耳を傾けなさい

あなたの目で 川を見て

あなたの手で 川に触れ

そして

ふたたび、人間になってください。

D ブラウアー



全ての生命の源である水
その流れとしての川。

古来、
飲み水、食料調達(魚とり)、移動手段、子供の遊び、体や衣服を洗う、排水などなど
人々の生活にとって川は切っても切れない関係があった。

それがいつの間にか、多くの人々は川と対話することを止め、
陸にばかり目を向けるようになった。

豊富な水に恵まれ、山間にも関わらず舟を操り
筏士をはじめ、川と親密に付き合って来た「水の国」熊野の人々ですら・・・

川との関係性を失いはじめたときから
熊野の人と町は輝きを失っていったのではないか。

いまいちど、身近な川に目を向け
自分たちの生活の中に取り戻すことが

この地の人が熊野人らしさを
この地域が熊野らしさを取り戻すことに繋がるのだと思う。


                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 熊野での田舎暮らし | comments(0) | - | posted by 横瀬 恒人
八咫の火祭り。
8月29日(土)
今年も「八咫(やた)の火祭り」が
熊野本宮大社旧社地 大斎原(おおゆのはら)で催されました。
ポスターが立派でした〜。


さて、
熊野鼓動は「八咫の火祭り」限定
‘しそドリンク&梅みかんドリンク 100円で飲み放題!’ を
昨年に引き続き出店しました。

八咫の火祭り

地元イベント担当責任者は工場長です。
わたくしは温かく後ろで見守り係です。


おとなりは地元商工会青年部による、おもちゃ・雑貨の大安売りと
ジュース、かき氷。
(ここでジュースが毎年かぶってしまいます。)



そこは‘工場直売&飲み放題’で喜んでいただきましょう。
儲け度外視の年に1度の大サービス



八咫の火祭り2

おにいちゃんも、どんどん飲んで行ってや〜。



設置されたステージでは、奥熊野太鼓やジャズピアノの演奏と続きます。

なんでも、
外国のみゅーじしゃんとやらが作ったという「八咫踊り」のあと
みんなが一番楽しみにしている花火大会でお祭りはクライマックス



八咫の火祭り花火




ギャラリーの人々。

八咫の火祭り花火2





うそです。
これだけではありません。

ここからでも十分きれいだったのですが、
お祭りに来ていたほとんどの人たちは、
もっと花火に近いところまで誘導されて歩いて行ってしまいました〜。


そのため、わたくしたちもささっと店じまいして
ゆっくり花火を見物いたしました。








八咫の火祭り花火3
大きい花火もあるよ。





お祭りに来てくれた人たちに
「本宮にはしそと梅があるんだなぁ〜」と
少し心のどこかに残ってくれるといいな。



だから来年はもうちょっと覚えてもらえるように
なにかで表現しましょう。
ぜひしましょう。










                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 熊野での田舎暮らし | comments(0) | - | posted by 亀岡 佳奈
熊野本宮は稲刈りが始まりました。

稲刈り

熊野本宮では、もう稲刈りが始まっています。(早〜いっ!)


今年は雨が多くて稲が乾かなかったので
これでも2日ほど遅いそうです。


稲刈り2


陽射しがやっと夏になったと思ったら
景色はそこはかとなく



しその収穫もラストスパートです。




                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 熊野での田舎暮らし | comments(0) | - | posted by 亀岡 佳奈
あっ!さる!!
あっ!!!!


会社の前で、
さるが何か食べてるっっ!!!!!
 



会社の前でさるが



                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 熊野での田舎暮らし | comments(0) | - | posted by 亀岡 佳奈
保護しました。

危ないっ!!!!


道路の真ん中でじーっと動かない小さな鳥

「あかんやんっ!こんなところにおったら
早く端っこよいとき。」


と、声をかけつつ近寄るもまったく動かず。

だめもとで手を伸ばすと
簡単に手の平に収まった・・・



いかんいかんいかんいかん
ひなを捕まえてはいかんのだっ




ケガしてないかな。
とりあえず道の真ん中からよいとこ。


と言うわけで、一瞬保護。





何の子どもかな。
爪がすっごく鋭いな。
良かった♪ケガはしてないな。


いや〜
まだふわふわの毛が残っててなんともぷりち〜なんです



役場と、日本野鳥の会に連絡して
教えてもらったとおりに放鳥。


ひーよ、ひーよ
高い声で親を呼びながら、
森の中へ飛んで(るつもりでぴょんぴょんして)行きました。



何の鳥だったのかな。
元気に育ってね。

出会った場所を通りかかるたびに
ちょっと胸がきゅんとなるのでした。

(アラフォ〜だけどっ。)










 
                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 熊野での田舎暮らし | comments(2) | - | posted by 亀岡 佳奈
熊野本宮大社でご結婚式。
090509結婚式


今日は熊野本宮大社で
日頃一緒にイベントなどの仕事をさせていただいたりと
お世話になっているNさんの結婚式がありました〜桜


3日間続いていた雨もからりと晴れて、
とーってもいいお天気ですおてんき


これは花嫁さん、ちょっと暑そうひやひや



090509-2

普段はNPO等で活発な活動をされているお二人。
お祝いの雰囲気もひときわです。


「かわいい〜てれちゃう
「きれーいラブラブ
「やっぱり白無垢、ええなぁ〜。」の声があちこちから。


おぉっ!テレビカメラも入っています。
あれはフランスの放送局ぽいぞ。



090509-3
親族一同での写真撮影が終わったら、スナップ写真。


お二人ともリラックスされていて
とても自然で素敵でした。

普段からとーっても仲が良くてお似合いのNさん夫妻。
おめでとうございます。お幸せに!





そして、お式を見ている私に宮司がフレンドリーにひとこと。

「あなたは結婚しないの?わーい
「いや〜、ご縁がありましたらそのときはどうぞよろしく〜ラッキー

これで引き出物と宮司は決まったぜ!



                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 熊野での田舎暮らし | comments(0) | - | posted by 亀岡 佳奈
こいのぼりをあげました。
こいのぼりをあげました


今年もこいのぼりをあげましたおてんき


熊野本宮は風が強いので元気に泳ぐどころか
とれとれぴちぴち
ばばばばばばばばっ

・・・と泳いだ(?)あと、目を離した隙に
脱走していました〜たらーっ


捕まえに走ったり、
強風で絡まったこいのぼりをはしごに登ってほどいたり、
前を通るご近所の人たちに、
(あそこの会社の人は毎日こいのぼり相手になにしてるんやろう???)
と、絶対、絶〜っ対思われてるはず汗



仲良く元気に泳いでね。







                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 熊野での田舎暮らし | comments(0) | - | posted by 亀岡 佳奈
熊野祭り
15日の本宮大社例大祭では、
工場長は今年で3回目の神輿かつぎでした。
前日の雨も、きれいに上がり、汗ばむ陽気の中、今年もなんとか神輿をかつげました。
前の前のブログでも書いてあるように、
神輿を普通にかつぐだけでなく、要所要所で、神輿を上下に大きく振りながら、ぐるぐる回ります。
だから、普通にかついでいるときから、
わっしょいわっしょいと大声だして、
アドレナリンださせて、テンションあげておかないと
怪我しそうな勢いです。
わっしょいには、景気付け以外の大きな意味があるのです。

そういえば、1年目は転びました。
2年目は外に飛ばされました。
今年はなんとか無事でした。
でも、いつもより足や腕が痛いような・・・

来年も、無事かつげますように、1年がんばろう!
                               
熊野鼓動の商品のお買い求めはこちら
| 熊野での田舎暮らし | comments(0) | - | posted by 安原 克彦
<< | 2/9 | >>